当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 記事や画像の無断転載は禁じております。使用する際には、当サイトを参照先としてリンクするかご一報ください。

本物?偽物?ターコイズの見分け方あれこれ

ターコイズの見分け方

ワックス処理された石さて、ナチュラルなターコイズ を見分ける絶対的に確実な方法は、宝石学者に実際に石を持っていって鑑定してもらう事だろうけど、普通はそこまで出来ないので 個人で調べた方法をご紹介します。実際に見慣れてくると、目が肥えて来てナチュラルじゃないな、と何となく分かるようにはなります。

プラスチックや低レベルの模造品はすぐに分かるようになってきますが、スタビライズドされたものなど、一見分からないものが多いです。 左の写真はワックス処理された石です。

中には破壊的な方法も含まれているので、実際にどこまでやるかは個人責任でお願いします。新しい見分け方を発見次第更新していきます。

偽物ターコイズの見分け方

プラスチックか染めた石かを見分けるには以下の方法があります。
    偽物ターコイズ マグネサイト
  1. スクラッチテスト : 破壊度 小
    ターコイズの表面目立たない所(脇の部分など)を針など尖ったものでこすってみます。 もし、中が白ければハウライトやマグネサイトと言う白い石や、プラスチックなどの表面に色を付けた偽物です。
    ハウライトやマグネサイトはターコイズよりも硬度が低いので、簡単にスクラッチできます。
  2. インヘンスドターコイズ
  3. ハンマーテスト : 破壊度 大
    ターコイズをハンマーで割ってみます。 もし、中が白ければハウライトやマグネサイトと言う白い石や、プラスチックなどの表面に色を付けた偽物です。
    破壊するので、ピーズなどで試すのがおすすめです。
  4. 偽物 染めたハウライト
  5. 除光液テスト : 破壊度 小
    ターコイズを除光液(アセトン入り)でこすってみます。 ハウライトやマグネサイトと言う染められた白い石の場合、色が落ちます。
    プラスチックやガラスなどには使えないので、染めた石ではないか?という時にお試し下さい。
  6. 熱した針攻め : 破壊度 小
    真っ赤に熱した針を、表面の目立たない所に「じゅっ」とあてます。溶けたらプラスチックです。(ただし、かなりの温度で試さないと分からない事が多いです。) 樹脂の溶けた臭いがしてくるので、臭いも買いで見ましょう。
  7. 触診 : 破壊度 0
    石は冷たく、プラスチックは石よりもぬるい感触があります。 マトリックスの部分をよく障ってみてください。その部分だけゴリゴリしていたり、僅かな段差があったりします。 (プラスチックの場合マトリックスの部分もつるつるです。)
  8. 前歯にかっちんテスト : 破壊度 0
    まず、前歯に石を軽くあててみて下さい。その後でプラスチックをあててみます。 石の方が堅くて、カチンとした感触があります。石かプラスチックかを見分けるのに使えます。 (手で障ってプラスチックか石か見分けられない人におすすめ)
  9. 表面を舐めてみて下さい。。。破壊度 0
    ナチュラルなものは鉄っぽい味がするそうです。。。。 (これは試してみましたが、そんな気がするようなしないような程度でした。。。)
ナチュラルとスタビライズドの見分け方:(できれば、x30以上の)ルーペ (jeweler's loupe) で見ると、ナチュラルの石には細かいpores(穴)が沢山あります。スタビライズドされた石 は、マトリックスの部分以外は表面がつるっとしています。スタビライズドする際に、樹脂などを使って多孔質のターコイズのもつ小さな穴を埋めてしまうからです。 (穴が埋まる事で、硬度が増します。)

イミテーションターコイズ(偽物ターコイズ)

偽物

左の写真は白い石を青く染めてターコイズのように見せかけた石です。染め用の白い石にはハウライトがよく使われています。 ハウライトターコイズと呼ばれているものは、ハウライトを青く染めた石です。

写真では分かりにくいのですが、光沢がなく、色にも深みがなくぺたっと変に均一的です。 この石のようにひびが入ったような、マトリックスが入ってるものなどを青く染めるといかにもそれっぽく見えるので、ビーズなどとして売られているものや、観光地などで売られている安い石には要注意です。

偽物 プラスチック

左の写真はプラスチックです。写真では分かりにくいのですが、光沢がなく、表面の触り心地も違います。パイライトに見せかけたインクルージョンまで入っていて、 ターコイズっぽく見せかけています。

石とプラスチックの簡単な見分け方は、 石は触った時にひんやりしているのに対して、プラスチックはそれがありません。ぬるい、というか冷たさがありません。

偽物 プラスチック

左の画像はプラスチックです。写真では分かりにくいのですが、光沢がなく、表面の触り心地も違います。黒いマトリックスまで入れて、 ターコイズっぽく見せかけています。

ちなみに、このリングはスターリンシルバーをちゃんと使っていて(ニッケルシルバーやアルパカなど、銀の含まれていないものではない)インディアンジュエリーっぽく作ってあります。

ハウライトターコイズ マグネサイトターコイズ ブロックターコイズ

ハウライトターコイズやマグネサイトターコイズという名前で売られている青、青緑、緑の石がありますが、どちらも染めた石でターコイズではありません。
ハウライトやマグネサイトはターコイズのマトリックスに似た模様入りの白い石で、それを染めてターコイズという偽名で売っているだけです。

また、ブロックターコイズというのは、ただのプラスチックの固まりです。 ベンダーによってインヘンスドターコイズと混同して使っている場合があるようですが、 100%プラスチックの物がブロックターコイズと呼ばれています。
マトリックスを入れて本物と見まごうような物まであるので要注意。

お土産屋とジュエリーショップ

アメリカ南西部を旅行している時、ネイティブアメリカン(インディアン)のお土産屋(スタンドやマーケット)で買ったからと言って、 絶対に本物という事はありません。海外(アジア)から輸入した安価に生産されたジュエリーや偽物ターコイズなどを売っている事もあるそうです。

一番分かりやすい指標は、値段です。例えば、本物のターコイズをふんだんに使ったネックレスが数千円で買える訳がありません。
ファッションとして偽物を楽しむのであれば、それで構わないと思いますが、本物のターコイズや、アーチストの作品を手に入れたい時は、 評判の良いジュエリーショップを選んだ方が無難です。

おススメのターコイズ本


*この本の表紙のどれがナチュラルターコイズで、どれがスタビライズド、もしくは偽物ターコイズか見分けがつきますか???答えは本の中にあります。 The Allure of Turquoiseは洋書ですが、画像も奇麗で、各鉱山のターコイズやスタビライズドターコイズとナチュラルターコイズの違いなどが説明されていて、ビギナー向けの本です。