当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 記事や画像の無断転載は禁じております。使用する際には、当サイトを参照先としてリンクするかご一報ください。

インディアンジュエリーのホールマークについて

インディアンジュエリーのホールマークとは?

ターコイズジュエリーインディアンジュエリーにはホールマークがついています。 ホールマークとは、ジュエリーの裏に記されたシルバーを示すsterlingや、制作したアーチストのスタンプもしくは彫り込まれた名前のことです。 このマークによって作者を識別したり、シルバーである事を証明したりしています。アーチストの中には、イニシアルや名前ではなく、自分の ロゴマークのようなものを使う人もいます。

アンティークジュエリーの場合、ホールマークが全くついていなかったり、sterilingとだけ記されているのあります。steriling とは、銀含有率が 92.5%以上の純銀の事を指します。

インディアンジュエリーのホールマークの確実性

P. Begay ホールマーク

ホールマークのついたジュエリーだからといって、絶対的に作者を証明するという訳にはいかないようです。特にイニシャルのみの場合など、 簡単にコピーできてしまうからです。特に、コレクターの欲しがるような著名なアーチストの名前が彫り込まれているからといって、 ホールマークのみがその出所の確実さを証明するとはいかないようです。フィリピンや中国で作られた偽物インディアンジュエリーに、 著名な作家のホールマークを入れて販売している事もあるようです。
またその逆に、著名な作者の作品であっても、ホールマークを入れ忘れたり、 アーチストがその必要性を感じないで記入していなかったりなどする事もあるようです。


ARVISO ホールマーク

ホールマークは作品を識別する一つの方法、という事は間違いないので、購入する際の目安になります。ホールマークは、保険や鑑定の際に 加味されるものの一つのようです。コレクターの多いインディアンジュエリーの世界では、アンティークのジュエリーや、著名なアーティストの 作品などの売買が頻繁に行われています。お手頃な価格のものから、高価なものまで色々ありますが、ホールマークのお陰で作者とそのスタイルが分かるので、 コレクションする楽しみの一つになります。

上記の理由から、コレクションとして収集する際には評判の良いお店で購入する事が薦められています。